読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【リスペクトと感謝をもって一歩ずつ】

旅をしながら、『リスペクトと感謝を持って一歩ずつ』というのをいつも心がけている。 リスペクトは「尊敬する」だけど、それだけじゃなくて 新しい土地に行くとき、「おじゃまします」 という、その土地への、その土地に住む人への、思いやり、配慮を忘れな…

2時間で 60円の電車。なんだそれ!笑

遺跡都市アユタヤを満喫し、首都バンコクへ。 移動手段の選択肢は3つ。・高い タクシー・事故が多い ロットゥー・安い 電車 そりゃ、電車。笑 電車にもランクがあって、1番安いのは、エアコンがない車両。 35℃を超えるタイで、2時間ゆられるけど、 まさかの6…

『水掛祭り(ソンクラーン)  は天気も変える 笑 』

今日は東京26℃タイはいつもの38℃ ◯ソンクラーン前日、田舎の田舎では子供たちがキャッキャ言って、バケツで、バイクに乗ってる僕にかけてくる 笑 かわいい。 まだちっちゃい子は、一生懸命構えてるけど バケツの水がちょっと重くて、バイクのスピードに合わ…

おじいさんが大好きって話。

手持ちの現金が400B(1200円)くらい 駅で両替できるだろうと思って行った国鉄の駅 今日は祝日で両替やってない( ̄▽ ̄) ATMでお金下ろそうとしても、なんでかできない( ̄▽ ̄) 400Bでバスに乗れるかもという情報があったので、バスステーションまでの40分。 …

確かに、男に好かれる国だけど。

タイ北部山が近く、自然溢れる町 パーイ。 子どもたちは川に飛び込み、お寺の庭をニワトリが歩き回り、河川敷をウシがのそのそ、イヌはやっぱりセブンの真ん前 笑 そんな、パーイは予想以上に観光客が多く、夜のメインストリートを歩くのはみんな外国人。 9…

【 Inner God Journey 続 ③ 】

【 Inner God Journey 続 ③ 】 ◯ この4月からやろうと思っていたことがありました。 >>> 大学時代に、3年間働かせてもらった居酒屋『てっぺん』で一番自分と向き合ってくれて、仕事のやり方を教えてくれて、 「お前まじで優等生だな!もっとヘタレろよ!…

【 Inner God Journey 続 ② 】

◯ 今回、九州を一緒に旅してくれた相方トルトゥーガ(車)を、貸してくれた海老名の友達に返しに、3月25日に関東に行く予定だったので、 淡路島でゲストハウスをやろうとしてるRioさん。今度、会えたらいーねということで3月29日に東京で会う予定にしてまし…

『 Inner God Journey 続 ① 』

九州での2ヶ月の旅を終え、 出雲の実家に荷物を置きに帰ったのが3月19日の夜。 20日の朝に出発したから、 家には12時間もいなかったけど、 その夜に家族と話した時間が、 自分にとっておっきな時間でした。 1993年2月に3人兄弟の3番目として 生まれた僕は両…

【 家もなく、学校もなく、職場もなく、彼女もいない僕が     旅で感じたこと 】

◯ハワイから帰国した、その日の夜 いつもの2倍の時間を要し、 今までで一番多くの方にお世話になって、 ヒッチハイクで、徳島にたどり着いたのは、 1月28日、旧暦の正月。 「一歩ずつ、ゆっくり。」 「感謝を忘れるな。」 というメッセージをもらい、 大好き…

『忙しい』も『忘れる』も「心を亡くす」 ……… へぇ~。なるほど。】

【『忙しい』も『忘れる』も「心を亡くす」 ……… へぇ~。なるほど。】 調べたところ、ピンときたのは 部首の性質の違い。 りっしんべん:外的な要因に寄り添われた心 したごころ :自分で何かを上に乗せている心 忙しいのは、心を(外的な要因によって)亡く…

【値段のない飲食店②】

お会計はハートマネー。 スタッフの約半分は外国人。スタッフのほぼ全員が旅人。 ◯英語に自信がなかった自分は、「明日フランスから2人来るから。 明日イギリスから1人来るから」 と言われる度に、ビビる 笑 でも、できないなりに、一生懸命伝えようとして、…

【値段がない飲食店①】

食べ放題行くと、元を取ろうと必死でした。でも、そもそもの元が決まってない飲食店で、働いてみました。 《お会計は全てハートマネー》 大分県 湯布院 の 『原っぱカフェ』で働き始めて1週間。※このメモを書いたのは3/1くらい。笑 「お客さんの生活と 僕ら…

【本を読むって、 『モジノラレツヲサイゴマデメデオウコト』  だと思ってた】

【本を読むって、『モジノラレツヲサイゴマデメデオウコト』 だと思ってた】 読みかけの本が何冊も。これは飽き性の僕には向いてない。笑 そこで、最近はまってるのは「5分読書」 全部読もうと思ったらしんどいから、著者のメインメッセージを自分なりに把握…

【 パン屋で感動したって話 】

この前、2/10の誕生日から 3日連続で幣立神宮に参拝したんですが、 幣立神宮の目の前に、前から噂で聞いてた、 素材にこだわり、天然酵母も自家培養して作るパン屋さんがありました。 すごい 行きたい!!!と思ってたんですが、 九州でこの雪なんで、笑 お…

『1+1 は2にならない!ひとり旅で感じたこと』

昨日は、山都町・幣立神宮一昨日は、天草・てきとうつあーその前は、博多・同窓会、勉強会その前は、久留米・バイト仲間と再会 一人旅もすごいいいんだけど、 腹を抱えて笑えるのは、誰かといるからできる というのを実感するこの頃(^^)観光に行って飲食店じ…

『僕はばかだから、体験からしか学べない』

『僕はばかだから、体験からしか学べない』 氷点下の車内泊がどのくらい寒いかも、フタがない鍋でのごはんの炊き方も、不安になるくらい早く流れる雲も、素足・ぞうりで歩く雪の冷たさも、山の湧き水の美味しさも、寝るところがない寂しさも、素敵な出会いの…

『暇すぎるバイトで時給1500円越え、、、 どういうことだ!笑』

『暇すぎるバイトで時給1500円越え、、、 どういうことだ!笑』 神山でのゆず屋さんも終わり、 短期でお金を貯めたくて、東京に出稼ぎに来てはや3週間。 お金のためだけに働く経験も今しかないと思って かけもちしてたバイト間の移動時間以外全部、1日20時間…

【神山の2ヶ月の居候を終えて】

【神山の2ヶ月の居候を終えて】 毎日が昨日と違って、毎日が新鮮な山暮らしと 田舎なのに週2くらいある様々なイベントの日々を終えて、 自分は何を思うのだろうと 自分でも興味深々だったのですが それはとてもシンプルなことでした。 ーーーーーーー ママチ…

『神山に1ヶ月居候して』

【 石 】 石はいい いつまでも 黙っていられるから 花が散り 蝶が立ち去っても 石は黙って 天を見る 桑原文次郎 3年前100歳で逝去した祖父が残した『石』という四行詩 歩けない、飛べない、泳げない、食べれない、喋られない そんな石の 「ない」 を 「ある…

『農家の朝は早い、飯は旨い!』