読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『忙しい』も『忘れる』も「心を亡くす」 ……… へぇ~。なるほど。】

【『忙しい』も『忘れる』も「心を亡くす」

 ……… 

 へぇ~。なるほど。】

       

調べたところ、ピンときたのは

部首の性質の違い。

     

りっしんべん:外的な要因に寄り添われた心

したごころ :自分で何かを上に乗せている心

     

忙しいのは、心を(外的な要因によって)亡くされた状態

忘れるのは、心を(自分で)亡くした状態。

     

     

心が持つ『忘れる』という機能はとっても大事。

これは、

みんな、頷いてくれるはず。笑

    

     

でも、その「機能」を

うまく使いこなすのは僕にはできない。笑

     

    

忘れようってしたら、

そこに心を向けて、意識して、

逆に思い出してしまう。

      

     

だから、

僕が意識してるのは

「その出来事をちゃんと味わって、

湧き出てきた感情を受け入れて、

消化しやすいように噛み砕いて、

      

 

新しい体験をたくさん入れる!!!」

 

     

ごはん食べたら、体がちゃんと消化してくれるから、

パンパンに張って苦しかったお腹も、

トイレ行ってスッキリするんだけど、

 

味わいたくない体験をしたとき特に、

心がちゃんと消化してくれないと、

そりゃ、便秘になるよね 笑

 

 

出したとしても、

そのごはんから頂いた栄養は

必ず、自分の血となり、肉となってるから、

      

天地のお恵みに感謝。

     

     

     

心をスッキリさせようと思ったら、

外的な要因に心を亡くされていたら難しいけど、

それを経験するのもステキなことだから、

それはそれでいい。

      

うん、それはそれでいいんだと思う。

便秘があるから、スッキリしてる状態が嬉しい(^^)

取り返しがつく範囲で、色んな経験をしたい。

      

     

今、どっちをやりたいかは

自分で選べるから、

それも自分のチョイス。

 

今の自分は、
        

「その出来事をちゃんと味わって、

湧き出てきた感情を受け入れて、

消化しやすいように噛み砕いて、
自分の栄養にしたい。」

      

     
よし、

次の一歩のために、

ちゃんとうんこしよ。


・     
・     

うんこ ってやっと言えた。

スッキリ 笑