読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 家もなく、学校もなく、職場もなく、彼女もいない僕が     旅で感じたこと 】

◯ハワイから帰国した、その日の夜

いつもの2倍の時間を要し、

今までで一番多くの方にお世話になって、

ヒッチハイクで、徳島にたどり着いたのは、

     

1月28日、旧暦の正月。

      

「一歩ずつ、ゆっくり。」

「感謝を忘れるな。」

というメッセージをもらい、

大好きな神山のホストファミリー定岡家と一緒に

薬師寺にお参りしてから、

1月31日に九州上陸、今回の旅がスタートしました。

    

車中泊で、

大分、熊本、福岡、鹿児島をゆっくり回り、

      

友達を巡って、友達と一緒に、

石見銀山出雲大社、広島・横川、

徳島・神山、淡路島、天理、伊勢を駆け足で回り、

      

3月25日。

      

東京に戻ってきました。

      

      

◯午後の予定は、お昼に決める、

明日の予定は、寝ながら決める、

明後日の予定は、分からない。笑

     

都会にいる時とは違って、     

スケジュール帳はほとんど真っ白。

    

    

昔だったら、

真っ白で、予定がないことが、

怖かったし、

友達がいない自分が嫌でした。

    

できる限りバイトを入れて、

予定を詰めて、人に会ってた。

     

それはそれで、人に会って刺激をもらって。

その時の自分には必要な体験だったと思う。

 

 

けど、不安からくる行動に対して

自分の心は、どんだけYesって言ってたんだろう。

 

 

今回の、車中泊の一人旅。

家もなく、学校もなく、職場もなく、彼女もいない、

 

そんな旅で、

 

感じました。

 

     

失うのが怖くて、不安になるのは、

所有するからなんだ って。

 

 

色んなものを手放してみたら、

自分の居場所は自分の中にある って。

 

 

24年間、「社会」に作られた価値観に従って

生きてきたけど、

 

自分の内側の心が言っている

”YES”を選択できる人生がいい。