読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2時間で 60円の電車。なんだそれ!笑

遺跡都市アユタヤを満喫し、
首都バンコクへ。

移動手段の選択肢は3つ。
・高い タクシー
・事故が多い ロットゥー
・安い 電車

そりゃ、電車。笑

電車にもランクがあって、
1番安いのは、
エアコンがない車両。

35℃を超えるタイで、
2時間ゆられるけど、

まさかの
60円!笑

 

ちなみに
新宿−成田
1.5時間1300円 。
2時間 60円 。 

 

なんだそれ 笑

 

乗ってみたら、風が心地よく、
ストレスはほぼなし。

しかも、すげーラッキー。
お昼過ぎの、この時間帯、観光客は0。
現地の人ばっか(^^)

 

4人がけのボックス席タイプで、
座れるキャパは1車両60人くらい。

携帯いじる人は0人。
本読んでる人は1人。

あとの59人は、
流れる景色を見てるか、
隣に寄りかかって寝てるか、
ボーとしてるか。笑

ひまの過ごし方がうまいな〜と感動。


結構、席も埋まってたので、
扉の近くで立ってることにすると、


私服のおっちゃんおばちゃんが
勝手に車内販売。笑

 

f:id:yuuuyuuujiteki:20170420183403j:image


水とか、手作りのお弁当とか、手作りのお菓子とかとか。
すげーな!!!

車内販売ついてるのは
日本では、リッチな電車しかないのに、

勝手に車内販売がやってくる電車で、
2時間60円 笑

 

しばらくすると、
車掌さんがキップをチェックしに巡回。
あ、こういうのはちゃんとあるんだ!と安心。笑

 

でも、なんて言うんだろ、
「片手穴あけパンチ」で、
切符をきるときに出る紙のクズは
穴あけパンチ内に蓄積されず、床に。笑

 

おいおいと思って
車掌さんを見てたら、


なんか、おれ、呼ばれてる。

「こっちこい!空いてるから、座れ」
って、優しい笑顔で。

 

周りに座ってる人も
外国人の僕に対してウェルカムしてくれる。

「すげーーー!!!」
感動。


日本でも、電車乗ってて
「席空いてるから座れ」って、
言われたことないのに。

 


でも、急に腹痛くなって、便意をもよおす。

同じタイミングで、電車は減速。


日本ではトイレついてる電車、ほとんどないから、周りの乗客にトイレの有無を聞くこともせず、
一旦、降りて、駅のトイレに行こうと思って、
バッと電車を降りた瞬間、

 

さっきの車掌さんが、
笑顔でホームを歩いてくる。

 

車掌「へい、ここはバンコクじゃないよ?」

ぼく「腹痛くて、トイレ行こうと思って」

車掌「トイレは電車にあるから、とりあえず乗れ乗れ!」

 

「トイレット!」っておっきな声で言いながら
その方向を指差してくれる。

なんなら、ついて来てくれる。

 

子どもみたいで恥ずかしいけど、

子どもみたいなもんか。笑

恥ずかしくていいし。  と思いながら、

 

トイレに到着し、
ドアを開けた瞬間、
においがすごい!💦

 

 

f:id:yuuuyuuujiteki:20170420183545j:image

でも、和式じゃなくて、
洋式の便器!


底をちらっと見ると
少し、明るい。

へ?

って思ったけど、
その疑問は、
排泄欲に負けて、一旦保留。

「あれ、便器の中から風を感じる。
いやいや、ウソでしょ」
と思いながら、

用を足した後、

「流す」ボタンはなく、
トイレの壁についてる、シャワーで
便器内のうんこを流す。

便器が綺麗になったあと、再度覗き込んでみると、やっぱり光の筋が見える。

 

 

この内側の構造を図にすると、
こんな感じ。

 

 f:id:yuuuyuuujiteki:20170420200107j:image

 

そう、出したのがそのまま下に。

 


ある意味、野グソ( ̄▽ ̄)笑

 

ふつーに洋式の便器だったから、
だまされたー!!!笑

「線路にうんこを垂れ流す」
ことが、人生であるなんて。。。

       

 


野グソなんて、

半年前に

和歌山の山道で、自転車漕いでて、
腹痛くなって、

ガードレールの崖側で、
南海電鉄を下に見ながら、

出したぶり。


やったことあるんかーい!笑

おわり。